高井野の歴史中野騒動

義人・久保田重右衛門

義人

明治4年(1871年)3月15日、高井野村紫の年寄役・久保田重右衛門が、前年12月19日に勃発した中野騒動の首魁容疑で捕らえられ、連日手厳しい拷問にかけられて罪状を糺されたにも拘わらず冤罪に服すことはなく、斬罪は免れたものの獄中で死亡しました。
 前年12月15日に、重右衛門は県内各村名主の会合において、石代値下げの再願を主張したが受け入れられませんでした。 重右衛門の立場はあくまでも嘆願によって石代値下げを実現しようとするもので、一揆の首謀者とみなされることについてはいかに拷問されようと認めるところではありませんでした。
 このため、2月27日に19人が処刑された際、重右衛門は除外して入牢させられ、3月15日に急性の熱病にかかって病死したというものです。
 公式な死因は病死とされていますが、巷では役人に毒殺されたという噂が流れました。
nakanojinya2.jpg(31269 byte)←拷問道具
 村民は、水責め、火責め、石責め等あらゆる過酷な拷問に耐えて村名家名を汚さなかった其の徳を称え、義人・久保田重右衛門さんと称して敬慕しています。

公文録(中野県の公式記録)

右之者旧臘(きゅうろう)(昨年の12月)県下暴動事件造意(ぞうい)(考えたくらむ)之者ニ相間、既ニ同類共十有余人状罪(罪に服すること)之確証ヲ以テ、及拷問(ごうもんにおよび)候得共、 白状不到(いたさず)候付、先般右一件処刑之節相除、 入牢申付置候処、其後傷寒疾(しょうかんしつ)(急性急病)相煩薬用手当為致(いたさせ)候得共、 養生不相叶(あいかなわず)当三月十五日病死仕候、 (よって)此段御届申上候、以上

伝記

当時関係町村を始め近里の者、重右衛門を評して曰く、 重右衛門は如何に責め苦に遭ふも、更に身体髪膚傷つかず。 これ神仏の守護によりてなり。否重右衛門は神なりと称せりと。以て如何に其名望家たりしかを知るべし。 而して重右衛門が水責め・火責め・石責め等あらゆる苛酷なる拷問に遭うも、冤罪に服さず、よく村名・家名を汚さざりしかば、後人其徳を称えて止まず。 以て聊か地下に瞑すべきなり。
『長野縣上高井郡誌』第三十一章第二節中野騒動より


参考にさせていただいた資料

最終更新 2012年 3月 8日

上に戻る