高井野の歴史中野騒動

義人・久保田重右衛門

高井野村紫の久保田重右衛門は明治新政府の課した酷税に対して減免運動に奔走しましたが、明治3年12月に勃発した中野騒動の首謀者の嫌疑を掛けられて捕縛され、獄中で死亡しました。
 久保田家は須坂の田中家、中野の山田家に次ぐ高井地方の豪農で、五代目重右衛門とその家族は俳諧に親しみ、俳人・小林一茶と交流があったことでも知られています。


義人

明治4年(1871年)3月15日、高井野村紫の年寄役・久保田重右衛門が、前年12月19日に勃発した中野騒動の首魁容疑で捕らえられ、連日手厳しい拷問にかけられて罪状を糺されたにも拘わらず冤罪に服すことはなく、斬罪は免れたものの獄中で死亡しました。
 前年12月15日に、重右衛門は県内各村名主の会合において、石代値下げの再願を主張したが受け入れられませんでした。 重右衛門の立場はあくまでも嘆願によって石代値下げを実現しようとするもので、一揆の首謀者とみなされることについてはいかに拷問されようと認めるところではありませんでした。
 このため、2月27日に19人が処刑された際、重右衛門は除外して入牢させられ、3月15日に急性の熱病にかかって病死したというものです。
 公式な死因は病死とされていますが、巷では役人に毒殺されたという噂が流れました。
nakanojinya2.jpg(31269 byte)←拷問道具
 村民は、水責め、火責め、石責め等あらゆる過酷な拷問に耐えて村名家名を汚さなかった其の徳を称え、義人・久保田重右衛門さんと称して敬慕しています。

久保田慶祐  重右衛門の長子・慶祐らは父の冤罪をはらそうと手を尽くしましたがかないませんでした。
 後年、慶祐は高井村長、上高井郡議会議員、長野県議会議員を歴任しました。

←久保田慶祐(『写真が語る高井の歴史』より)


公文録(中野県の公式記録)

右之者旧臘(きゅうろう)(昨年の12月)県下暴動事件造意(ぞうい)(考えたくらむ)之者ニ相間、既ニ同類共十有余人状罪(罪に服すること)之確証ヲ以テ、及拷問(ごうもんにおよび)候得共、 白状不到(いたさず)候付、先般右一件処刑之節相除、 入牢申付置候処、其後傷寒疾(しょうかんしつ)(急性急病)相煩薬用手当為致(いたさせ)候得共、 養生不相叶(あいかなわず)当三月十五日病死仕候、 (よって)此段御届申上候、以上

伝記

久保田重右衛門の墓  当時関係町村を始め近里の者、重右衛門を評して曰く、 重右衛門は如何に責め苦に遭ふも、更に身体髪膚傷つかず。 これ神仏の守護によりてなり。否重右衛門は神なりと称せりと。以て如何に其名望家たりしかを知るべし。 而して重右衛門が水責め・火責め・石責め等あらゆる苛酷なる拷問に遭うも、冤罪に服さず、よく村名・家名を汚さざりしかば、後人其徳を称えて止まず。 以て聊か地下に瞑すべきなり。
『長野縣上高井郡誌』第三十一章第二節中野騒動より

←久保田重右衛門の墓(右)


中野騒動の殉難者たちの一面(三)―久保田重右衛門―

紫の豪農久保田重右衛門が一揆の首謀者とされたことは、常識的には不思議なことです。 幕末維新のころの一揆には豪農も、領主あるいは政府側の一味として襲撃されたからです。 事実、中野騒動のさいも江部の山田庄左衛門ら、須坂騒動でも田中新十郎などの豪農は真っ先に焼き討ちされています。
 ちなみに、須坂騒動の勃発地の灰野村と中野騒動の勃発地の高井野村とは水中峠(灰野峠)を隔てて裏表です。 須坂騒動は1870年(明治3)12月17日、中野騒動はわずか2日後の19日に起こっています。 須坂と中野と県こそ違え、灰野村の騒動への動きは刻々と伝えられていたに違いありません。

さて、高井郡では上の山田・田中両家に次ぐ豪農だった久保田家が焼き討ちにあうどころか、反対に一揆の先頭に立った首謀者とされたのですから、常識とは逆です。 当の重右衛門はどんなに拷問されても首謀者であることを認めずに通しました。 そのため、騒動の翌年、2月27日に高山村の20人をはじめ28人が処刑されましたが、その中に重右衛門は入っていません。

名主織右衛門も大組頭重右衛門もおそらく最後まで、一揆にならないよう、農民たちを止めたに違いありません。 が、重右衛門が騒動の直前の15日まで、高井野村の農民の代表として、年貢米の石代値段の値下げをもう一度県庁へ嘆願しようと、他村の名主たちに働きかけたが賛成を得られなかったことがわかっています。

このこと(年貢減免運動に積極的に働いたこと)が首謀者の嫌疑をかけられた理由の一つではないかと思われます。 そして、28人という未曾有の大量処刑の後も拷問が続けられ、重右衛門はついに3月15日中野の牢内で獄死しました。時に51歳。 一説には毒を盛られたとも伝えられています。
「中野騒動の殉難者たちの一面(三)」より


『大久保田』

久保田家  高井野村紫の久保田家は、自宅から隣町の小布施まで他人の土地を踏まずに行ける、といわれた大地主でした。
 久保田家の先祖は寛永(1624年〜1645年)のころに山田村から高井野村紫新田に移住入植した新田百姓でしたが、文化文政年間(1804年〜1830年)には高辻500石の大高持となり、金融業・製油・酒造業を兼ねた寄生地主として近郷にその名をとどろかせて、今もなお『大久保田』と呼ばれています。

←昭和初期の久保田家(『会報高山史談』より)


久保田家と俳諧

五代目重右衛門は俳号を兎園と称して俳諧に親しみ、俳人・小林一茶(宝暦13年(1763年)〜文政10年(1828年))と親交がありました。

「引上げて見れば風吹く燈籠かな」高井野兎園

久保田 兎園(くぼた とえん、享保6年(1721年) - 寛政12年5月1日(1800年6月11日))は、高井野藩紫組(長野県高山村)の大地主、俳人。 名は重右衛門(5代目)、本名は光良。兎園は俳号。高井野の俳句結社「高井野連」の中心的人物。兎園の娘婿の久保田春耕は、小林一茶の門人。 Wikipedia 兎園

兎園の養子・春耕(春畊と書く、別号は水石亭。本名は光豊、六代目重右衛門)、成布(春畊の妻かめ)、五郁(春畊の息子民蔵)、柳志(民蔵の妻)、皐鳥といった久保田一家の俳人が一茶門下となって高井野連が成立し、上高井における俳諧の源をなしました。

「曲り所の草の青さよ春の水」春畊

久保田 春耕(くぼた しゅんこう、安永3年(1774年) - 嘉永3年(1850年))は、江戸時代の豪農、俳人。名は重右衛門(6代目)、本名は光豊。春耕は俳号。
信濃国高井郡高井野村紫組(現長野県高山村)の久保田兎園の娘婿で、妻の成布、子の夫妻・五郁、柳志はともに小林一茶の門人。 Wikipedia 春耕

兎園が18世紀末の天明から寛政期頃に建てた茅葺きの隠居所を春畊が一茶に提供したことから、一茶は通算136日も逗留して高井野村や近在の門人たちを精力的に指導しました。
 一茶の代表作とされる「父の終焉日記」のほか「花春帖(浅黄空)」「筆記(俳諧寺抄録)」の原本をはじめ、数多くの遺墨が久保田家に伝えられてきました。

文政10年閏6月1日(1827年7月24日)、一茶の暮らす柏原宿が大火に遭って一茶は母屋を失い、焼け残った土蔵で生活をするようになり、同年閏6月15日、春畊に手紙を書いています。これは数多い一茶の書簡の中で最も有名なものの一つとされています。

 御安清奉賀。されば私は丸やけに而是迄参り候。此人田中へ参り候。私参候迄御とめ可被下候。右申入度、かしく。
   壬(閏)六月十五日節
   土蔵住居して
  やけ土のほかりほかりや蚤さはぐ
   紫畊大人
        一茶

句碑・俳額

久保田家の裏の墓地に、文政2、3年(1819、20年)頃春畊が建てたとされる菫塚芭蕉句碑があります。

『山路来て なにやらゆかし すみれぐさ』

奥庭には、幕末三大書家の一人・市川米庵(安永8年(1779年)〜安政5年(1858年))揮毫による兎園の句碑が建っています。

『我のみか かかる桜の あさぼらけ』

俳額  高杜神社に奉納された俳額に春畊の名が記されています。

 嘉永元申年七月二十七日
 於杜神社廣前奥行
   俳諧連歌

江戸時代には旧暦7月27日に高杜神社の例祭が行われていたことから、嘉永元年(1848年)の例祭に高杜神社の廣前(神前)で開かれた句会の記録と推定されます。

一茶ゆかりの里

久保田家の隣に作られた一茶ゆかりの里 一茶館では、久保田春畊が一茶に提供した”離れ屋”が移築され、遺物が展示されています。


久保田家と神社

高杜神社

高杜神社  天明3年(1783年)に行われた高杜神社の拝殿再建にあたり、資材と建設資金35両を五代目久保田重右衛門(享保6年(1721年)〜寛政12年(1800年))が寄進しました。

←高杜神社拝殿

井桁灯篭  久保田重右衛門の功労を称え、現在でも秋の例大祭には拝殿前の上席に井桁灯籠を立てています。

←井桁灯籠

天神社

久保田家天神社  寛政12年(1800年)に六代目久保田重右衛門(安永3年(1774年)〜嘉永3年(1850年))が屋敷内に天神社を作っています。
 棟札には初代・亀原和田四郎嘉重(延享元年(1744年)〜文政元寅年(1818年))の名が記されています。
 『願主 久保田重右衛門光豊
  棟梁 亀原和太四良嘉重立之』

←久保田家天神社


久保田一族と新堰開発

久保田源之丞

文化年間(1804年〜1817年)、久保田一族の久保田源之丞は小河原村字高畑地籍(須坂市高畑町)に深さ7丈(21.1m)余の井戸を掘って耕耘回復策をはかり、小河原村東組の基を開きました。
 さらに日滝村から小河原村の北に広がる松川扇状地に用水堰を引いて数百町歩の美田を開発しようと、隣接する上野国の万座川からの引水に着目し、およその測量を終え、いよいよ幕府の許可を得ようとした矢先に死去してしまい、実行されませんでした。

太田堰

分水枡  明治11年に堀之内の太田才右衛門が中心となって上州万座山中から分水界を越えて高井野・日滝原に水を引く事業が遂行され、久保田慶祐も新堰開鑿事業に738円を出資しました。
 このときに開鑿された『太田堰』の分水枡が久保田家の近くに残っています。

←『太田堰』の分水枡


参考にさせていただいた資料

最終更新 2019年 1月30日

上に戻る