高井野の歴史中野騒動

「中野騒動」

明治初期に勃発した北信最大の農民一揆「中野騒動」について、大正2年(1913年)に長野県上高井郡教育会から出版された『長野縣上高井郡誌』の「中野騒動」に関する記事と、金井明夫氏が『高井』に寄稿された「中野騒動記」から引用します。


中野騒動

中野騒動の誘因と見るべきもの三あり。
 一は明治元年来農事兎角不作のみ続き民力疲弊し、米価を始め諸物価騰貴したる折柄、時の代官高野大参事が苛税を課し、度重れる人民の哀願は空しく却下されたるにあり。 抑も上納率は当時一両に米三斗を普通相場とせり、然るに俄に中野縣の置かるるや、一両に二斗八升とせるなり。
 一は商社廃止の要求たり、商社とは、旧来備荒貯蓄として倉米を積むの制なりしを廃して、金円の積立となしたるものにして、其金円を郡代等に於て預り、高利を以て他に貸付け、窃かに暴利を貪りたりしかば、下民の激怒を招きたるなり。
 一は飯山・松代等の騒動に人心動揺しつつありしによる。

先ず明治三年十二月初旬、一般民衆の叫喚甚しきより、町役人外一同是非なく連名を以て石代値下げの請願書を奉り、次で同月十九日再び嘆願せり。 然るに其日の午前、縣庁より役人数名高井野村名主織右衛門方へ出張し、大組頭重右衛門初め一同を集め、人心鎮撫の訓戒を与えたり。
 時に支配内なる井上村の博徒某なるものあり。 専ら觸頭の役目をつとめ、一揆の事を密計し、同日一方は中野町に至り、暴動来を放言し、一方は高井野に来り、田圃の藁鳩に火を放ち、騒動起こると絶叫し、人心を惑乱せり。
 高井野村久保組にては、死亡者の火葬を行へつつありしが、其火は藁鳩の火と合し天に映ぜり。
 之を見たる井上村にては、高井野よりも騒動起れりとなし竹槍・鳶口等を研き立て、炬火打ち振り、数多の人民は中野を指して出発せり。
 こを見たる高井野村の住人は、事不意に起れることなれば驚愕し、重右衛門・織右衛門は事重大なりと、急ぎ鎮撫に着手せる時は、既に井上・高井野の人民の一団は、勢凄しく沿道各地の人々を唆しつつ、雲霞の如く成先にと押し出せり。 茲に高井野村の大組頭重右衛門は、一身を賭して其を取り鎮めんとせしも、久保幸蔵等は、葬儀の振舞酒に酒気を帯べるに、堀之内組及千本松組の両酒造場にて、茶碗酒を仰ぎし事とて、泥酔理非を辨ずぜず、酒気をかりて荒れ狂ひ、更に言を用ふべくも非ず。 今は詮方なしと、村方の固めに尽力し一方民心の鎮撫に力めたり。

蜂起せる人民は二手に分れ、一隊は遠徳より中野に、一隊は六川の下より別れて草間・片塩・七瀬を過り、壁田へと押し行きぬ。

時に中野縣設置以来僅に四ヶ月、民情に通ぜぬ縣官は、ことを聞きて驚愕し、自らは官服を纏ふて役人を指揮し、大属大塚政徳をして、中野町の入口に出張せしめ、之を説破せしめんとせり。 而も一揆勢は騎虎の如く、直ちに酬ゆるに石礫を以てし、遂に之を殺すに至れり。 斯くして一度鮮血を見たる衆々は、一転して乱民と化し、素封家・有力者の家を焼き払い、炎々たる猛火に物凄き笑を作り、縣庁に達するや、門番小兵衛を火中投ずるなど、凶暴至らざるなし。
 高石大参事等は、六川の椎谷藩出張所に救を求め、上納金を委託し、小布施村高井鴻山方に宿泊せり。 此処にて、夫を追撃し来れる暴動の一団と大参事一行との間に折衝あり。 結局暴徒より、代表者を出さしめ、其任に当たらしむ事となり、重右衛門・織右衛門外三名と大参事との間に、十九日夜より廿日にかけ、数回の交渉あり、『願の趣委細聞き届く』との回答の下に解決を告げ、廿日正午頃、此一団は勝利を祝しつつ、中野に引き返しぬ。

此間に乗じ、高石大参事は、六川領より須坂藩をへて松代藩に急を避く。

此にて落着せんには、只数十戸の罹災にて済みたるを、交渉中、暴徒一団は中野より道を北にとり、放火・強奪等をナシ、到る処に其数を加へ、金井・赤岩及岳北一帯、進んで下水内郡水澤八ヶ村に於て荒れ廻り、特に木島に於は多数の暴徒を加へ、野澤に向ひ、かくて山の内をへて、大挙中野に引き返すあり。 亦中野に於ける一揆は、あらゆる暴行をなし、中野の大部分は焼土と化し、惨状目も当てられぬ有様となれり。

此騒動は十九日より廿一日に亘り、國中の騒動中最も猛烈なりしを以て、朝廷より臨時処置として、当時松代に出張中の民部大丞林友幸を中野縣権知事に任命し、信濃の諸藩に出兵を命じ、此等諸兵を督するが為め、兵部権小丞澤宣種を巡察使とし、長崎縣知事井田讓を参謀として出張せしめ、更に民部省よりは、大丞吉井徳春・権火丞福原復孝・庶務少祐武田信順・庶務大令関口久照等を、 刑部省よりは彈正少忠渡渇驥を主任に、中山彈正権少巡察・北代庶務正・大久保庶務大祐・石井庶務少令吏等を出張せしぬ。

斯くて暴動加味の嫌疑にて、一時一家・財産共差押さえられたる者五人ありき。 本郡にはなし。次で暴動誘引者と目されて、先ず召捕られしは、赤岩村名主江口曾榮門たり。其召捕るや糾弾に務めたれど、更に服罪の様子なし。
 かくて調査の役人は如何にもして、暴動の発頭人を得んとせしも、何れの辺より導火線の起これるか、其出所に関しては、殆ど捕捉する所を知らず。
 されど少々共、其巨魁とも云ふべき表面的の人物無くては、朝廷に対し言訳立たずと、相当の資格ある者に捺けんとし、先ず当時一流の資たりし、江口曾榮門を当てんとせしも、服せざりしより、転じて高井野村に迫りぬ。時に明治四年一月七日のことなり。

先ず名主織右衛門方に於て、大組頭重右衛門を召出して取調べ、翌八日是も非もなく両人を縛し、外四十余名を縛せり。
 之れと同時に、支配内各地より数百名を捕縛して中野に拉し来り、手厳しき拷問に掛けて、罪状を糾したりしが、重右衛門更に冤罪に服すべくもあらず、終に二月廿七日、名主織右衛門以下六名は斬罪に、二十二名は絞刑に処せられ、其他の百十五名もそれぞれ軽重こそあれ所罪せられぬ。

亦重右衛門は、服罪せざるにかかはらず、理も非もなくなく斬罪に言渡しをなし、処刑と定めぬ。
 あはれ冤罪に一名汚衂の錆と消えんとして、今や刑場へ引き出されんとせる時、通知に接する長子久保田慶祐は親戚と共に来り、役人の専横・横暴の処置を憤り、河原の又五郎を依頼し、権大丞林友幸へ事実質問せるに、辛くも斬罪を免かれ、当分延期となりぬ。
 然るに傷疾・諸病原因となり、三月中牢死せり。

今重右衛門・織右衛門の性行を見るに、織右衛門は身名主の職にあれど、少しく文盲の厭ひあり。 且つ老衰して、甚しく好人物なりし事とて、大組頭重右衛門力を借るを常とせり。
 重右衛門は、又之に引きかへ、剛壮にして、勇邁の資に富み、義侠心を帯び、名望嘖々たる人なりき。然るに両人此の最後に遭遇す、誠に同情に堪えざるなり。
 「中野騒動」より


名主織右衛門の捨札(判決文)

信州高井郡高井野村
    名主織右衛門(末四拾弐才)
此者義去午御年貢石代値下之義、厚く御利解之上、願書下ヶ渡しに相成候を、 小前へも申諭さず、大組頭重右衛門と申談じ、是非共再願ひの上、 採用無之節は松代藩管内同様の処置(松代騒動のこと)にも致すべく、 其心得をもって用意候様、小前へ相触させ、其上ほか村々騒立て押来り候風聞有之候に付、 小前一同を村内千本松に呼集め、願意の次第申聞けべくと、一応差止メ候ても案外騒立て、 聞入れず、機会を失ふまじく候とて、中野表へ押行き、たとへ官員に打殺され候とも、 又は打殺し候共勝手に暴動致すべく申聞け候より、一同押出し右に引立られ、外村々も騒立て、 あまつさへ村内助蔵其外の者共、大塚権大属ほか壱人を殺害致し、市町人家並ニ県庁に至る迄放火乱暴に及候次第に立到り、 殊に召捕られ候とも決して白状致すまじき旨村内の者共へ誓約致させ候段、 畢竟此の者指図より事起り候儀にて、朝廷を憚らざる所業、右始末重々不届至極に付、斬首申付候也。
 金井明夫「中野騒動記」より

御仕置

二月二十七日卯刻より快晴、此日死罪、朝早く役人一同御出役様の御案内致す。 彦兵衛殿・儀十郎殿・辰三・惣助・正太郎・政平・平作・惣右衛門(註中野町松川村の三役人)右の人にて御仕置場へ出張、与五郎殿会計留守。 儀平殿は東江部へ参られる。 御出役内海様・喜水六雄様・植村様右の御方牢の口にて口書読聞せ、 斉藤様(大属、水戸藩出身で剣の名手)大島様死罪打首六人、 首ククリ二十二人程、都合二十八人、あとは徒刑人百二十人程もこれある様子。 此日見物の人群衆諸方より参る。富沢屋粂吉宅にて一同大酔。
 金井明夫「中野騒動記」より


引用資料

最終更新 2012年 3月 8日

上に戻る