コキマダラセセリ(小黄斑せせり)

Home

コキマダラセセリ 林道脇のアザミに止まっていました。
(2009年 8月 5日)
コキマダラセセリ マツムシソウの花に止まっていました。
(2005年 8月30日)
コキマダラセセリ 一心不乱に吸蜜しています。

コキマダラセセリ: 近年、全国的に減少しているチョウであるが、村内では標高の高い場所にある草地で6月下旬から見ることができる。 獣糞、湿地での吸汁、吸水のほか花に飛来している。 幼虫は、ススキの葉を綴って大きな巣を作っている。 信州高山村誌

上に戻る