ヒマラヤノアオイケシ(ヒマラヤの青い芥子) 【メコノプシス・グランディス】

メモ メコノプシス・グランディス
 標高5000メートルにあるヤクの放牧地周辺の大きな木立の中に生え、高さは60センチほどになります。 初夏に花茎を伸ばして、ベトニキフォリア種よりも大きな空色の花を咲かせます。 アルカリ土壌の場合には、花色は淡い赤紫色になります。 ブータンの国花で、ベトニキフォリア種と同じく「ヒマラヤの青い芥子」とも呼ばれます。
【ボタニックガーデン】
科名 ケシ科メコノプシス属 学名 Meconopsis grandis
調理
薬効
季語 更新日 2016年 6月25日

上に戻る


【花の色】   青〜青紫      赤〜朱  黄〜橙    混合
【実の色】 黒〜黒褐色  赤〜橙色  紫色  茶〜褐色  緑色  黄色  白〜灰色  色々
ホームに戻る  花の咲く時期  名前のさくいん