グンバイヅル(軍配蔓)【マルバクワガタ(丸葉鍬形)】

メモ グンバイヅル(ごまのはぐさ科)
 山地の陽の当たる芝や草原に生え茎は地面をはって伸び、茎から高さ10cmほどの花序を立てて、青紫色の小花を多数つける。
 これは、日本固有種で特に浅間山から志賀高原までと、美ヶ原特産であったが、長野県数カ所でも近頃発見され、「国内帰化」の例として発表されている。
 この名は、果実が軍配の形で茎がつる状なのでつけられた。
【高山村の花の紹介】
科名 オオバコ科クワガタソウ属(APG)、
ゴマノハグサ科
学名 Veronica onoei Franch. et Sav.  グンバイヅル 標準
【米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)】
調理
薬効
季語 更新日 2016年 8月 1日

上に戻る


【花の色】   青〜青紫      赤〜朱  黄〜橙    混合
【実の色】 黒〜黒褐色  赤〜橙色  紫色  茶〜褐色  緑色  黄色  白〜灰色  色々
ホームに戻る  花の咲く時期  名前のさくいん