ヒメイチゲ(姫一華

メモ ひめいちげ (姫一華)
 わが国の本州、中部地方以北から北海道、千島、それにサハリンや朝鮮半島、中国に分布しています。 亜高山帯から高山帯の林床に生え、高さは5〜15センチになります。葉は3出複葉で3個輪生します。 小葉の裂片は細長く、鋸歯があります。5月から6月ごろ、花茎の先に直径1センチほどの白い花を咲かせます。 花弁のように見えるのは萼片です。
【ボタニックガーデン】
科名 キンポウゲ科イチリンソウ属 学名 Anemone debilis Fisch. ex Turcz.  ヒメイチゲ 標準
Anemonoides debilis (Fisch. ex Turcz.) Holub  ヒメイチゲ synonym
【米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)】
調理
薬効
季語 更新日 2022年 7月19日

上に戻る


【花の色】   青〜青紫      赤〜朱  黄〜橙    混合
【実の色】 黒〜黒褐色  赤〜橙色  紫色  茶〜褐色  緑色  黄色  白〜灰色  色々
ホームに戻る  花の咲く時期  名前のさくいん