コマクサ(駒草)

メモ こまくさ【駒草】
 ケシ科の多年草。著名な高山植物。高さ約10センチメートル。葉は白みを帯びた緑色。 7〜8月頃、淡紅色の美花を開き、形が馬の顔に似る。 多数の黒色の種子を生じ、古来霊薬として有名。
【広辞苑】
科名 ケマンソウ科コマクサ属、ケシ科 学名 Dicentra peregrina (Rudolphi) Makino  コマクサ 標準
Dicentra pusilla Siebold et Zucc.  コマクサ synonym
【米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)】
調理
薬効 健胃剤として用いられました。
季語 更新日 2022年 7月25日

上に戻る


【花の色】   青〜青紫      赤〜朱  黄〜橙    混合
【実の色】 黒〜黒褐色  赤〜橙色  紫色  茶〜褐色  緑色  黄色  白〜灰色  色々
ホームに戻る  花の咲く時期  名前のさくいん