コオニユリ(小鬼百合)【スゲユリ(萓百合)】

メモ こおにゆり【小鬼百合】
 各地の草原や湿原に生えるユリの一種。高さ1メートル前後。 笹の葉状の葉を互生し、夏に茎頂が分枝してオレンジ色の美花を数個、やや下向きに開く。 6枚の花被片はやや反曲し、上面に紫黒色の斑点が目立つ。 オニユリによく似るがやや小型で、葉のつけ根にムカゴがつかない点で区別できる。
【広辞苑】
科名 ユリ科ユリ属 学名 Lilium leichtlinii Hook.f. f. pseudotigrinum (Carriere) H.Hara et Kitam.  コオニユリ 標準
Lilium leichtlinii Hook.f. var. maximowiczii (Regel) Baker  コオニユリ synonym
Lilium leichtlinii Hook.f. var. tigrinum (Regel) G.Nicholson  コオニユリ synonym
Lilium pseudotigrinum Carriere  コオニユリ synonym
【米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)】
調理
薬効
季語 更新日 2013年 1月 7日

上に戻る


【花の色】   青〜青紫      赤〜朱  黄〜橙    混合
【実の色】 黒〜黒褐色  赤〜橙色  紫色  茶〜褐色  緑色  黄色  白〜灰色  色々
ホームに戻る  花の咲く時期  名前のさくいん