ギョウジャニンニク(行者大蒜)

ギョウジャニンニクの花
ギョウジャニンニク
ギョウジャニンニク
 ニラノビルに似た花です。
 山で修行する行者が食べて精力をつけた、ということから名付けられました。
 北海道ではアイヌネギと呼ぶそうです。

ぎょうじゃにんにく【行者葫】:
(深山に生じ、行者が食べるからいう) ユリ科の多年草。深山の林内に生じ、強臭を放つ。 地下にラッキョウに似た鱗茎をもち、外面は網状の褐色繊維で被われる。 葉は根生、扁平で幅10センチメートル、下部は狭いさやとなる。 夏、約30センチメートルの花茎の頂端に、白色または淡紫色の小花を多数球状につける。 古名、アララギ。 広辞苑

食べ方や薬効 茎、葉、つぼみをゆで、おひたし、和え物、油いためなどにして食べます。

科名 ネギ科ネギ属(APG)、ユリ科
学名 Allium victorialis L. subsp. platyphyllum Hulte'n  ギョウジャニンニク 標準
Allium latissimum Prokh.  ギョウジャニンニク synonym
Allium ochotense Prokh.  ギョウジャニンニク synonym
Allium victorialis L. var. asiaticum Nakai  ギョウジャニンニク synonym
Allium victorialis L. var. platyphyllum (Hulte'n) Makino  ギョウジャニンニク synonym
薬効 強壮に効果があります。
季語
撮影 2003年 6月 8日
2009年 6月20日
2016年 6月20日
更新 2016年 7月15日

上に戻る


【花の色】   青〜青紫      赤〜朱  黄〜橙    混合
【実の色】 黒〜黒褐色  赤〜橙色  紫色  茶〜褐色  緑色  黄色  白〜灰色  色々
ホームに戻る  花の咲く時期  名前のさくいん