ネコヤナギ(猫柳)

ネコヤナギ
ネコヤナギ
ネコヤナギ
ネコヤナギ
ネコヤナギ
ネコヤナギ
ネコヤナギ
 雪がたくさん積もっていても、雪の上に伸びたネコヤナギの芽が膨らんでいるのを見ると、春が近いんだなと感じさせてくれます。
 この辺では「ベーボ」と呼んでいますが、語源はわかりません。

「白猫のやうな柳もお花哉」一茶

「山里は猫が木の芽もほけ立ぬ」一茶

ねこやなぎ【猫柳】:
カワヤナギの季節的な愛称。花穂の銀毛が猫を思わせるのでいう。 広辞苑

科名 ヤナギ科ヤナギ属
学名 Salix gracilistyla
薬効 風邪の解熱や鎮痛に効果があります。
季語 初春。「えのころやなぎ」
撮影 2013年 1月10日
2004年 2月28日
2006年 2月
2011年 3月22日
2009年 3月31日
2004年 4月15日
2004年 4月17日
更新 2013年 7月 1日

上に戻る


【花の色】   青〜青紫      赤〜朱  黄〜橙    混合
【実の色】 黒〜黒褐色  赤〜橙色  紫色  茶〜褐色  緑色  黄色  白〜灰色  色々
ホームに戻る  花の咲く時期  名前のさくいん