ミツマタ(三椏)

メモ みつまた【三椏・三叉】
 ジンチョウゲ科の落葉低木。中国原産。 繊維植物として日本の暖地に栽培。高さ約2メートル。枝は三つに分れる。葉は長楕円形。 晩秋、落葉して枝ごとに一団の(つぼみ)をつけ、春、葉に先だって異臭のある黄色の筒形小花を総状につける。 樹の靱皮(じんぴ)繊維をとって和紙の原料とする。 結香(むすびき)。漢名、黄瑞香。
【広辞苑】
科名 ジンチョウゲ科ミツマタ属 学名 Edgeworthia chrysantha Lindl.  ミツマタ 標準
Edgeworthia papyrifera Siebold et Zucc.  ミツマタ synonym
Edgeworthia tomentosa (Thunb.) Nakai, nom. utiq. rejic.  ミツマタ synonym
【米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)】
調理
薬効 解熱剤や目薬に利用されます。
季語 「三椏の花」は仲春。「結香の花(むすびきのはな) 更新日 2014年 4月 8日

上に戻る


【花の色】   青〜青紫      赤〜朱  黄〜橙    混合
【実の色】 黒〜黒褐色  赤〜橙色  紫色  茶〜褐色  緑色  黄色  白〜灰色  色々
ホームに戻る  花の咲く時期  名前のさくいん