高井野の地理>高井野の街道

万座街道〜上信スカイライン

万座街道は江戸時代から牧村の人々が万座温泉に湯治客や食糧を運んだ山道でしたが、明治30年代後半以降は廃れていました。
 第二次大戦後、自動車が通れるように改修して「上信スカイライン」と名付けられ、長野電鉄が須坂―万座温泉間で路線バスの運行を開始すると、一躍、全国的に注目を浴びる道路になると共に、万座温泉が鄙びた湯治場から人気の観光地に発展する先魁になりました。

上信スカイラインから望む北アルプス
↑上信スカイラインから望む北アルプス


二つの万座街道

北国街道と主な間道  須坂・小布施方面と上州万座を結ぶ万座街道は、山田温泉から五色・七味を経由して松川を上り詰める山田道(草津道)から右に折れて万座峠に出る万座道と、牧から湯峯を経由して尾根筋を通り万座峠で山田からの万座道と合流する湯峯道がありました。
 明治30年代まではそれぞれ活用されていましたが、30年代後半に山田温泉から五色温泉・七味温泉までの道路の拡幅がなされた結果、それ以後の50年間は山田道が主役となっていました。

←北国街道と上州を結ぶ主な間道(『信州高井 牧の民俗』)

湯峯道

明治16年(1883年)に編集された『長野県町村誌』には牧から万座へ行く湯峯道の記載はありませんが、町村誌に添付の牧村絵図や明治20年の絵地図などには、牧から湯峯を経由して尾根筋を中日影山に至る道が描かれています。

牧村の絵図
↑明治20年(1887年)の牧村絵図(『信州高山村誌』)

湯峯公園  湯峯の尾根道に出るまでに二つの登り口がありました。

←湯峰の案内看板

一つは、現在の長野県道・群馬県道466号牧干俣線のように柞沢川(たらさわがわ)沿いを上って乙見平を屈折して上りつめるコースです。 この道は現在より低い沢沿いを通過したことから、柞沢川を何回か渡渉しました。 柞沢川は浅いとはいえ5〜10メートルの段丘崖を刻んでいるので、道は川の両岸を渡り繋がれていました。 一ノ瀬・二ノ瀬など五ノ瀬まで地名が語り継がれていますが、瀬は谷川の浅瀬の意味で、渡渉地点に当たっています。

もう一つは、日影山の待留から右に折れて山道に入る峰山コースです。 いわば日影道ですが、黒岩博氏蔵の古地図をはじめ国土地理院の五万分の一の地形図にも記されていて、道のり、時間的距離とも柞沢川沿いのコースより近いことになります。 この道は日影道ではあるが緩やかであり、その上、柞沢川の出水の危険、夏のかんかん照りを考慮に入れると、夏道として一般的でした。

湯峯から尾根道になって御飯岳の北背で標高1900メートルを越えます。 ここが牧の人々が呼ぶ万座峠です。 あとは黒湯山の南斜面を等高線に沿って進み、万座温泉に下ります。

万座峠(山田道)の地蔵  途中、山田道から上ってきて合流するいわゆる万座峠がありますが、ここは山田道の万座峠であって、牧の人々の万座峠ではありません。

←万座峠(山田道)の地蔵

万座牛方稼ぎ

万座牛方稼ぎ  滝沢田助さんの言によると、田助さんのお爺さんが二頭継ぎの牛の背で湯客の食糧を万座温泉まで上げたということで、牧の人々が万座温泉を支えてきたことが分かります。

←万座牛方稼ぎ(『信州高山村誌』)

牛池  万座にほど近いところにある「牛池」と呼ばれる湿沼はその名残を語るもので、附近の湿地には木を切り出して横に敷き詰めてぬかるみを渡った、などの話を聞かされたそうです。

←牛池


万座線開通

道路改修

昭和7年(1932年)6月に長野市、須坂町、高井村、山田村、中野町、平隠村の各市町村長連盟で「府県道 硯川中野線改修並に須坂山田線延長工事施工申請」という陳情が、県知事宛になされました。 須坂山田線の延長工事というのは、須坂町より山田温泉を経て、芳ヶ平で硯川中野線と合流し、草津温泉まででありました。
 ところがこの陳情に障害がありました。それは山田温泉は通過するだけで、客は万座温泉に吸収されて、営業上死活問題であると反対があったようです。そのために一時運動は停止した形となりました。

県道須坂万座線工事  そこで高井村側では、村長と牧区長が昭和8年2月に、県会議員を通じて何回か県知事に陳情し、昭和9年(1934年)度に、農村応急道路改修工事として着工の運びとなり、戦時中の昭和18年(1943年)11月に開通しました。

←県道須坂万座線の工事状況を視察する一行(昭和15年ごろ『写真が語る高井の歴史』)

開通後、維持管理がなされなかったために荒れ放題となっていましたが、昭和26年(1951年)に県は機械力によって県境まで改修を行いました。

また長野電鉄はその延長の万座温泉まで約6キロメートルの山道を自力で拡幅整備を行い、有料道路として運用開始しました。
 これによって須坂―万座温泉を結ぶ万座線が開通しました。

県道昇格

万座線の改修工事前の道は全くの山道で、村道の認定もされていませんでした。 工事に着手してから、昭和10年(1935年)9月10日付で、村長は村道須坂万座線として認定していただきたいと、県知事宛に申請しました。 県知事は早速同月19日付でこれを認可しました。

ここで一寸不思議なことがあります。 村道認定の指令より前の、昭和10年3月25日付で、県道認定申請が、県知事より内務大臣宛になされていました。 この申請は、群馬県知事と協議が必要、と認可にならなかったようです。 高井村長は、昭和11年(1936年)9月に、村道として改修したいと内務大臣宛申請し、許可となりました。 この工事費は県費(一部地元負担)で賄われました。 その間に、長野・群馬両県知事が万座温泉において、昭和10年7月に会見しています。

村道須坂万座線が県道に昇格したのは昭和12年(1937年)6月で、「県道須坂草津線」と命名されました。
 現在の県道名は「群馬県道・長野県道112号大前須坂線」と「長野県道・群馬県道466号牧干俣線」の2線となって、万座温泉に通じています。
(湯本宗蔵「万座線」より)


上信スカイライン

長野電鉄が須坂―万座間に「上信スカイライン」開設

有料道路料金徴収所
↑有料道路料金徴収所(『須坂・中野・飯山の昭和史』)

昭和27年(1952年)9月1日から、長野電鉄は「上信スカイライン」と名づけて、須坂―万座温泉間で高原観光バスの運行を始めました。
 このコースは上信越高原国立公園の海抜2,000メートル地点を横切るバス路線で、わが国スカイラインコースの先駆けとなりました。

万座線から望む笠岳
↑万座線から望む山田牧場、笠岳、岩菅山、横手山

運行開始前の8月26日に、須坂自動車営業所から2台のバスに70名の関係者を乗せ、試運転が行われました。 高井村(高山村)字牧の子安(こやす)橋から分かれて善光寺平、千曲川、日本アルプス連峰が眺められる乙見(おとみ)高原からの展望に、乗客は思わず歓声を上げました。

8月27日から31日まで5日間の非公式運行時の収入は20万円を計上しています。

雪の回廊 ←残雪の万座線を運行するバス(『須坂・中野・飯山の昭和史』)

全コース32キロ余り、3時間10分という長距離コースで、10月の紅葉の季節まで1日4往復の運行でした。 この運行により須坂方面から万座温泉行きが便利になり、個人でも団体でもたやすく行けて人気を博しました。


万座道路

万座線
↑万座道路(須坂駅〜万座温泉)

長野県道・群馬県道466号牧干俣線

群馬県道・長野県道112号大前須坂線  長野県上高井郡高山村牧より群馬県吾妻郡嬬恋村干俣に至る一般県道で、通称「上信スカイライン」と呼ばれるほか「万座道路」の別名もありますが、地元における知名度は高くありません。

←高山村牧の子安橋附近
・長野県道・群馬県道466号牧干俣線の起点で、看板には並行する112号が記されているだけ
長野県道351号山田温泉線の終点

群馬県境 ←県境の群馬県側の看板
 県道に関する表示はありません

群馬県境 ←県境の長野県側の看板
 「牧干俣線
  県道 高山村 牧」の看板もあります

万座温泉 ←万座線の林間から見下ろす万座温泉


群馬県道・長野県道112号大前須坂線

112号線荒井原  群馬県吾妻郡嬬恋村と長野県須坂市を結ぶ一般県道です。

112号線と466号線の分岐  「万座 白根」方面に行く466号は左に向かい、112号は右に分岐します。
 看板には「小串 毛無峠 行止まり」と書かれています。

通行止め  毛無峠の群馬県側は不通になっています。


↑毛無峠周辺地図


昭和40年(1965年)に長野電鉄のバス路線は万座温泉から白根山、山田峠を経て渋峠まで延長されました。
 その後、西武グループによる開発が進んで群馬県側のアクセスが主になるとともに、マイカーの普及に伴ってバスの利用客が減少したことから、昭和57年(1982年)には廃線となりました。
 近年は竹の子採りのシーズンに車が列をなす他、毛無峠の絶景に繋がるアクセス道路として好事家に人気があります。


参考にさせていただいた資料

最終更新 2018年 7月17日

上に戻る